ぷろぐら×でざいん

Python randomで遊ぶ

Python randomで遊ぶ


random.randrange

randrangeを利用すれば渡した引数までの数値をランダムに割り当てることができます。
その特性を生かして、軽いじゃんけんロジックを構築しました。


概要

2つの変数を用意し、それらに 1~10までの数値を代入。
片方がもう一方より大きい場合は勝ち点を+1、引き分けならどちらにも加算なしという単純なもの。


コード
import random

west_win = 0
east_win = 0
draw = 0
for i in range(0, 1000):
    west = random.randrange(10)
    east = random.randrange(10)
    if west == east:
        draw += 1
    elif west > east:
        west_win += 1
    else:
        east_win += 1

print west_win
print east_win
print draw

実行結果
1回目
> print west_win
444
> print east_win
452
> print draw
104
2回目
> print west_win
446
> print east_win
453
> print draw
101
3回目
> print west_win
458
> print east_win
442
> print draw
100

結論

確率的には概ね正しいように思います。トランプの High or Lowのようなゲームロジックなどで完全に擬似乱数を利用しているとは思えませんが、だいたいこんな感じでしょうね。
まだまだ randomには機能があるので、どこかで紹介できたらと思います。

外部リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください