ぷろぐら×でざいん

30代エンジニアの転職日記 6

30代エンジニアの転職日記 6

30代エンジニアの転職日記 6

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。とは言え、当ブログには定期的にお越し下さっている固定ユーザーはいない?と思いますのでスルーでお願いいたします。

2020年になり、新しいことに挑戦される方々も多くいらっしゃるかと思います。その中でもエンジニアかつ転職をお考えの方に参考になれば幸いです。

結論

結論から申し上げると無事に転職先が決まり、翌月から新しい職場での活動を開始できる手筈となりました。嬉しい限りです。
個人的には今回の転職活動は非常に満足いく結果を出せたのではないかと思っています。それらを下記にまとめて行こうと思います。


転職活動期間

転職をすると決めた日から計算すると約4週間で転職先が決まったので、ちゃんと調べていませんがとてもスピーディーに物事を決めることができたと思っています。だらだらと転職活動を続けてもお金も体力も抜けて行ってしまうので短い期間でちゃんとした成果を出せたのは良かったと思っています。


様々な業種

  • アグリテック系
  • フィンテック系
  • 福祉関係
  • SaaS系
  • スポーツ系
  • ビックデータ系

などなど合計で7社ほど訪問させて頂いたのですがとても勉強になりました。それぞれの会社でそれぞれの領域で闘っている人達の生の声を聞ける機会は滅多にないのでとても勉強になりました。ブログや記事などでも情報を拾える時代ではありますが、温度感・雰囲気などは実際に会って話すことでよりリアルな実体験として自分自身の中に情報が定着した気がしています。

そしてそれぞれの業種・提供サービスが持っている課題を聞けたのも勉強になりました。広報的にはやはり内部の難しさ・苦労・苦難というものは外には出したくないものだと思います。それを実際に会い、メンバー候補になるという前提だと聞けるのもとてもワクワクしました。一見するとうまく行ってそうな会社さんでも実際は苦労されていることが殆どです。そこに共感したり、自分だったらどのように解決するだろうと考える機会が出来たのはありがたかったです。


転職の軸

所属する会社はあなたにとってどのような意味があるでしょうか?様々な軸があると思います。こんな感じですかね?

  • お金(生活水準の維持、または向上)
  • 名声・ブランド・地位(誰でも知っている知名度の高い会社)
  • 世間一般的な信頼(与信)
  • キャリアアップ・スキルアップ(技術力、または業務領域の拡大)
  • 生き甲斐・働き甲斐(自尊感情、好奇心、知的欲求の向上)
  • 安定(常に仕事があり、一定の金額を稼げる保証)

今の世の中、会社に属さなくても生きていけるはずです。Youtuberのような動画配信者、フリーランスエンジニア、絵師、ゲームクリエイター、ブロガー、転売屋、プロゲーマーなどなど。個人レベルでは豊かな生活を送っている人達がいっぱいいる中で会社に所属する意味や重要性というものは少なくなっていると思います。

だからこそ、

所属するにはその所属する会社にしっかりと意味がなければならないと思っています。意味がないのであればフリーランスやっている方がよっぽど短期的には稼げますし、人と人との繋がりで可能性の幅は広げ易いです。

私の転職での軸は主に2つでした。安定と生き甲斐・働き甲斐。現職を悪い風に言うつもりは一切ありませんが、生き甲斐・働き甲斐が完全に欠如してしまってました。「ほんま何やってんやろ?誰のためにこんな頑張ってんねん」となってしまっていたのでそれを払拭したかったのは大きいです。完全に自尊感情は失われてましたね。

今回の転職では「名声・ブランド・地位」以外は満たせているので大満足です。あまりそのあたりは興味がないので寧ろ要らないくらいです。
与信」に関しては現職は次にいく会社より規模は小さいですが住宅ローンが下りたので多分問題ないでしょう。エンジニアは寧ろ「与信」が結構あるらしいですよ??


最後に

「会社」や「役職」があなたから外してもあなたが同じ額を稼げるなら、きっとあなたは当分大丈夫なのだと思います。しかし、それらがなくなってあなたが来月から一銭も稼げないなら、かなり危険な領域だと思った方が良いと思います。稼げる = 他者・他社からも認められている状態、と仮に定義するならあなたが今稼げているのは「あなた自身の能力ではなく、あなたの勤めている会社が稼いでくれている」からです。

不景気です。多くのチェーン店が一斉に閉店しています。世界情勢もよくありません。戦争になるかも知れません。気候もおかしいです。温暖化は確実に進んでいます。超高齢化社会です。出生率の下がり幅は例年の比ではないです。
明日は今日とは違います。来月には状況は一変しているかも知れません。来年にも席があるとは限りません。お給金の上がり幅が例年と同じとは誰も保証していません。

皆様にとって素敵な2020年となりますように切に願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください