ぷろぐら×でざいん

30代エンジニアの転職日記 4

30代エンジニアの転職日記 4

30代エンジニアの転職日記 4

今週の転職活動はとりあえず2社で終わりのようなの一旦整理をしようかなと思います。どの会社がどのような状態なのかを整理し、それぞれにどのような対策を講じるか考えてみたいと思います。

プロセス一覧

A社 最終面接(結果待ち) 役員面接
B社 2次面接(お祈り) テクニカルテスト
C社 1次面接(次が) カジュアル面接
D社 1次面接(次が) カジュアル面接
E社 書類選考
F社 1次面接 カジュアル面接

リスクヘッジ

現職にはいつまでに退職したいかを伝えてあるので、確実にその日までには次の行き先を決定したいと思っています。年末ということもあり、結構スケジュールが詰め詰めの状況になっているのは否めませんが何とか押し込んで行っております。少し精神的にも体力的にもキツいですが、転職活動とはそういうものだと諦めております。


リクルーター

リクルーターは1社だけにお願いしており、そのリクルーターからは今5社の選考が進んでおります。とても優秀なリクルーターなのですが、如何せん会話が全てメールベースなのと英語なので多少頭を使います。

LinkedInやWantedly、そしてTwitterからスカウト、リクルーター関連のメッセージが来ますがそちらは無視しています。あまりにも手を広げ過ぎると集中ができないと思っているからです。現職で仕事をしながらの転職活動ですので「集中」と「選択」を意識し、無理し過ぎない程度に転職活動をしています。これが仕事を辞めた後なら毎日予定を入れ、可能な限り人と会う機会を設けるべきだと思いますが、現状はそのやり方は私にマッチしていません。


B社お祈りされた

B社の二次面接で残念ながらお祈りされました。この詳細は別途書こうと思いますが、正直何が悪かったのかをまだ消化できていない状態なので引き続き転職活動は続けて行こうと思います。

  • 知識不足
  • 思考力の欠如
  • 判断力の凡庸性
  • 経験不足
  • 人柄の不一致

うーん、わからん。


A社がほぼ内定?

まだ確定ではないですが最終面接で好印象だったようで。。。ただ、まだプロセスが残っているので引き続き気を引き締めて行こうと思います。ありのままで接しているのでそれで不一致だと思われたら仕方ないと思っています。一番入りたい会社なのでこの会社に決まった瞬間に転職活動はやめたいなぁーとは思っているのですが、もう少しちゃんと他も見た方が良いですかね?


他の会社

サービス概要、募集されているポジション、リクルーターからのフィードバックなどを今一度しっかりと見直して対策を取ろうと思っております。実際のところA社がダメだった場合は全てが振り出しに戻るのでしっかりと傾向と対策は続けていく所存です。


最後に

仕事しながらの転職活動は結構大変ですね。想像以上です。交通費は別に痛くないですが不慣れな場所に行くこと、帰宅ラッシュ時に電車に乗らないとダメなのは心身共に疲弊します。不慣れな場所で天候が悪いと地図をみるのも一苦労です。また慣れている路線ならばどの時間帯のどの車両が比較的空いているなどの知恵が働きますが全く使ったことのない路線だと当たって砕けろですね。

One thought on “30代エンジニアの転職日記 4

  1. Pingback: 30代エンジニアの転職日記 5 | ぷろぐら×でざいん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください