ぷろぐら×でざいん

転生したらスライムだった件(マンガ)の感想

転生したらスライムだった件(マンガ)の感想


著者: 伏瀬 作画: 川上泰樹

概要

主人公は最強のスライム。元はおっさんで転生したらスライムになっていたというところから物語は進行します。どこか頼りない姿だが、最強のヒーローのワンパンマンに似ているかも知れませんね。ただ、サイタマほど圧倒的な攻撃力を誇るわけではなく、RPGを最初からレベル40で始める程度の強さだと私は思っています。


感想

RPGを今まで一回でも遊んだ人は読んでいて楽しいはずです!!基本的にはラノベからできた漫画は読まないのですが、1巻だけ購入して、全部買うことを即決したくらい非常に楽しく読むことができました。また、ゲーム的な要素が散りばめられており、「スキル」、「種族」、「進化」など読んでいてワクワクします。スライムが統治する街がどのように成長していくか、またそこに住む魔物達の成長だけでなく、魔物 vs 人間 vs 魔王 という構造が今後どのような形が絡んでくるかを想像すると最新刊が早く出て欲しいです!!


あとがき

いやーラノベからの作品も非常に面白いですね。この作品を通して、ラノベの認識が大きく変わりました。今は続きが気になってしょうがないので、ラノベに手を出そうか目下悩み中であります。暗号通貨関連の記事も書かないとですね。毎日1記事は中々大変ではありますが、非常に充実しております。
ではまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください