ぷろぐら×でざいん

仮想通貨・暗号通貨引退かなー

仮想通貨・暗号通貨引退かなー

仮想通貨・暗号通貨引退かなー

大暴落ですね

チャートはリップルコインですが、まさか100円切って、80円も割るという想像を全くしていませんでした。
高値掴みの私の含み損は…決して安いものではないですね。一般的な新卒の5ヵ月分の給料でしょうか。比較的凹んでおります。良い勉強代になりました。


バブル崩壊なんじゃね?

2017年11月 ~ 12月にかけての暴騰は凄まじいものがありました。100万円代から200万円代へのスーパージャンプには誰も驚愕した記憶が新しいと思います。また、その後も小さい暴落がありましたが、それでも200万円代に戻ったりと、価格は100万円以上で推移していました。
ところが、1月末からのコインチェックGoxを皮切りに問題が続出し続けました。


仮想通貨の「Tether(テザー)」問題

仮想通貨「テザー」の疑惑が本当なら、市場が崩壊するかもしれない──信頼性を損なう“事件”が続発
仮想通貨業界で話題の「テザー疑惑」を調べた「テザーレポート」の和訳。本当にテザーがビットコイン価格を吊り上げているのか?

上記の記事はどちらも非常に素晴らしく、時間をかけて是非読んでみて下さい。非常に勉強になります。


Facebookが仮想通貨・暗号通貨関連の広告禁止

禁止されたと言っていますが、まだFacebook広告ではICO案件を幾つか見ますね。日本語の対応はまだなのかも知れませんが。


全体的に後ろ向きの話題が多い?

もちろん、LINEが暗号通貨・仮想通貨領域に参入するというニュースは比較的前向きなニュースですね。

一方でLCCの大御所ピーチが仮想通貨での決済を白紙に戻すというニュースも発表され、


今の状況をまとめると

仮想通貨・暗号通貨はとても面白い状況が続いていると思います。DMMのビットコイン取引所、GMOコイン、LINEの仮想通貨参入、そしてテザー問題。Facebookの仮想通貨広告規制にコインチェックのGOX。
2018年に最初だけで挙げたら切りがないほどのニュースが飛び交っており、今何を信じて、何を偽りを捉えるかの総合的な判断力が問われているような気がしますね。あまり前向きなニュースばかりに目を向けているとリスクを上手く回避できないので、積極的に後ろ向きな事柄も今後は紹介していきたいですね。
資産が増える、お金が増える、美味しい話は今後其処ら中で巻き散らかることでしょう。でも、本質を常に失わないようにしないと結構大きな打撃を被るカモですねー。


まとめ

しばらく仮想通貨、暗号通貨の上向きな話題にはあまり言及しないようにしようと思います。特にクラウドマイニングやマイニングについては正直ここまで価格が不安定だと本当にただの投資損になりかねません。去年からだと良いですが、今年からだと負ける確率の方が断然高いというのが持論だからです。
また、マイニングに関しても同様にある一定以上の知識がないとかなりのリスクだと最近思うようになりました。PCが壊れ、フォーマットを余儀なくされた時は…「あー引退やな」って思いましたし。
しかし、これからも暗号通貨・仮想通貨は確実に世間の話題の1つとして定着していくとは思います。その時、時代に乗り遅れないようにコード、話題はずっとキャッチアップして行こうと思います!!引き続き、当ブログに遊びに来て頂けると嬉しい限りです。


関係ないけど、すげー今好きな曲

リップルが大暴落し、80円を切った時、この歌を聴いて少し心が落ち着きました。映画観たくなりました。
たぶん、この大暴落から得られたこと、これからの飛躍に大きく関わっていると思うので、頑張ろうと思いました。

ちなみにリップルの価格は少し戻りましたねー今は90円代を推移しております(2018/02/03 20:00)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です