ぷろぐら×でざいん

中国のICO全面禁止について考える

中国のICO全面禁止について考える

中国のICO全面禁止について考える

中国ICO全面禁止へ

中国でICO(Initial coin offerings)が全面禁止となり、その発表を受けた当時、大半の仮想通貨が暴落しましたね。このICOを禁止の理由としては詐欺まがいのICOが頻発していたことが原因だと言われています。あまりICOに関しては詳しくないのですが、新しいコインを発行するために既存の仮想通貨(主にイーサリアム)で投資を呼びかけ、それを元手に新規仮想通貨を開発・発行する仕組みだと理解しています。ICOは仮想通貨・暗号通貨においてIPO(Initial public offerings)とクラウドファンディング/ベンチャーキャピタルの間のようなもので、スタートアップが投資を得て、新しい革新を起こす一つの手段と用いられている印象を受けます。

多くの仮想通貨は暴落後、ある程度回復しましたが一時的な急騰よりも下の額で全体的に推移しています。私自身はこの暴落を受けて少しだけ買い増しをしましたが、実際のところはイーサリアムはICOで主に用いられる通貨だけに違うコインにしておけば良かったかも知れないと後悔しました。


中国の今後の対応

中国だけでなく日本もそうですが、本格的な規則策定が進むのではないかと言われています。理由としては中国政府は、仮想通貨のように分権化された経済が既存の体制に対する主要な脅威の一つであると考える可能性があるからです。しかしそれは同時に政府の監視が入ることにより、より清潔な形でのICO運営や仮想通貨の取引が行われることも示唆するので決して悪いことであると一元的に判断はできません。

もちろん、今回のICO全面禁止により今までのような多くのプロジェクトが散見される自体は現象しますが、より真摯に取り組むプロジェクトが残ることで良い影響を与えるとも考えられます。


今回の全面禁止が意味するもの

今回の全面禁止・ICO規制は中国のスタートアップがICOを利用して投資を受けることができなくなったことを意味しますが、中国の暗号化通貨開発者やサービスプロバイダーが買収するのを止めるものではありません。


今後は

市場全体は徐々に中国ICO全面禁止の報道から落ち着きを取り戻しているように見受けられます。私としては今回の規制により既存の仮想通貨の安全性と信頼がより担保されたことや、既存の通貨の利用価値が高まったのではないかという印象を受けており、今回の政府介入は良かったのではないかという見解です。

ただ、この方針により市場が活性化されないという懸念はあるようです。どちらにせよ、中国だけでなく世界的に益々加速度的に変化していく仮想通貨の世界に徐々に政府がしっかりと関与していくことは仕方ないことですし、そのような変化に柔軟に対応していく必要がありますね。


あとがき

あくまでも個人的な見解ですが、この情報を事前に知っていた誰かはいると思っています。この報道以前の値上がりはどの通貨も異常だったのでどこかで売り抜けた人はいるはずです。売り抜けて底値で買い直した奴はいるでしょうね。まぁー本当に情報を電波高く捉えることはこの世界を生き抜く上でも大事な要素なのかも知れません。

参照

China’s ICO Ban Doesn’t Mean It’s Giving Up On Crypto-Currencies

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です