ぷろぐら×でざいん

不滅のあなたへ

不滅のあなたへ


作者: 大今良時

感想

前作である『聲の形』を読んでいたので、今回の新作も読んでみました。1,2巻を読んだ感じだとまだ何がどうなるのかという明確な目的であったり、ストーリーの行く末は感じ取り辛いです。一言で言えば、『よくわからん』です。手塚治虫大先生の『火の鳥』に似ているという意見もありましたが、それは輪廻天性の部分だけを切り取ってのことだと思います。私はそこがメインテーマではないような気がします。
前作からは想像できない世界観、ストーリー設定とキャラクター達なので思い切った感じは好きです。
勝手にメインテーマを考えるなら『生』という言葉が一番近いような気がします。刹那的な『生』の有り様を様々な個体、人を通して伝えてくれているような気がします。ただ、2巻からはストーリー展開が「曖昧」な設定からより具体的なものに集約しているような気がしますので、やはり『よくわからん』です。是非、この作品の他の人の意見は聞いてみたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください