ぷろぐら×でざいん

フリーランスになってみた

フリーランスになってみた

フリーランスになってみた

フリーランスになりました

先日退職をし、個人事業主開業申請を行いました。これで私も無事にフリーランスです。
屋号は「しょうたぬき」にしたかったのですが、知り合いから本名の方が良いと指摘を受け、本名にすることにしました。
お店とかを経営している場合はそのお店の名前にするらしいですね!「しょうたぬきカフェ」とかやりたいな…いつか。


個人事業主開業申請

申請書類は個人事業主の開業手続き、開業届作成を無料でサポート | 開業 freeeで作成しました。しかも無料、簡単に必要書類をすぐに作れるので利用すべきです!!
ただ郵送の場合はもう1つ必要な提出書類があります。それは免許証などの本人確認ができる証明書のコピーなどが必要になります。
また、「控」書類も送らないとダメなのですが、「控」にはマイナンバーの記載が不要だそうです。コピーなどした場合は黒塗りしましょう。

ただ、郵送だと承認してもらったという証明の為に、返信用封筒などの別途費用がかかるので(微々たるものだが)、心配な方は直接行かれることを推奨致します。


請求書・経費計算ツール

freee様、一択でした。理由は全ての欲しい機能が一箇所にまとまっており、また多くの方々が利用されている印象だった。また、料金体系がシンプルなので、初心者の私には非常に取っ付き易かったです。他の方々はMoney Forwardさんを使われている方が多いイメージでした。何が良いかはわかりませんが、初めての請求書を作った時の手軽さで、そのまま使い続けることを決めた。
安直ですが、そういった直感も大事だと思っている今日です。


お仕事

基本は Web Application系に絞りたいとは思っています。Python、そしてフレームワークがDjangoなら嬉しいです!
人日単価の案件が一番炎上しないと思っているので、そういう請求ベースにしていきたいものですね。フリーランスの中には機能別に報酬をもらう人もいるそうなので人それぞれという印象を持っています。
また個人プロジェクトとしてクレジット決済用モジュールやブロックチェーン領域のキャッチアップなどをやっていきます。OSSのコミッターになれるまでの自信と実力を磨きたいです。
最近はRailsの案件をお手伝いさせて頂いています。Rails良いですね。コード量的にはDjangoより少なくて済むかも知れない。スピード感を持っての開発には良いイメージを受けました。ただ、Dockerで動くベースのRailsは少し苦手意識を持つようになってます。データベースが仮想環境にあるのは…利便性に欠けるのでは?Docker初心者です。


あとがき

まだ二日しか経っていませんが、時間を自由に使える。また移動時間も作業に当てれるなど時間の最大化にはもってこいですね。また、大事な人が家で寝込んでいる時も側にいてあげることができるのもかなり大きいメリットだとは思います。
ただ、デメリットとしては社会的信頼がないので家を借りる、クレジットカードを作るなどのことが難しくなることや、収入安定させる為にはある程度定期的に人会ったりする必要があるのだと思っています。幸運にも私は案件を幾つか持っていますが、今のお仕事を辞める前に当面の食いぶちを確保しておくことが懸命だとは思います。
実際、今の案件が比較的長いものですが、それでもいつなくなるかわからないので、ちゃんとタネを撒いておかないとですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です