ぷろぐら×でざいん

データベースのテーブル設計でよくすること

データベースのテーブル設計でよくすること

データベースのテーブル設計でよくすること

今の会社に入る前はERPパッケージを販売する大手企業に勤めていました。
システムを提供している会社だったので、データベースのテーブル設計においては既に雛形があり、それに沿って作成すれば問題ないよという風潮がありました。

現在

社内用システムの開発を行っており、毎回テーブル設計には頭を捻っている次第です。一つ一つのカラムに役割を明確にすることはもちろんのこと、正規化をどのようにするなど、答えがない中で最適解を求めるのには苦労します。
また、前社ではカラムの名前に日本語が多用されており、正直それが当たり前だと思っていました。ところが、現在の会社では外国人を多く雇用しているのでカラム名では直感的かつ英語名にする必要が出てき、それを実現するのにも苦労していました。

テーブルリファレンス
データベースアンサー

困った時に出会ったのが上記のサイトです。
便利な点としては様々なケースが綺麗にカテゴライズされいる点です。またテーブルの関連性やカラム名までしっかり表現されており、自分が開発しているものとは直接違っても正規化の度合いやER図の書き方、テーブルの構造化の参考になるはずです。

もしよかったら見てみてくださいー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください