ぷろぐら×でざいん

コインチェックの不正流出での私の被害

コインチェックの不正流出での私の被害

コインチェックの不正流出での私の被害

結論

現状は特にありません。NEMは保有しておらず、コインチェックに置いてある現資産は全て無事であるという認識です。資産と呼べるほどの額かはわかりませんが、一般的な新卒初任給の7ヵ月分くらいじゃないでしょうか。私個人としては一生懸命コツコツ貯めた大切なものでして…。
記者会見での和田社長の神妙な顔持ちが色々と今回の事態を物語っていたとは思います。

  • 1つ目としては額が約580億円。想像を絶する額ですね。
  • 2つ目がNEMは今回の事態に対してハードフォークを行い、トランザクションをなかったことにする措置を取らないと名言している。
  • 3つ目がセキュリティー過失が多少なりと認められた。ホットウォレットの話ですね。

1番悪いのは不正アクセスした犯罪者であることは間違いないです。ただ、暗号通貨・仮想通貨に関してはそのような人間が多数いることを前提としてセキュリティー対策を講じる必要があり、大手だからこそ堅牢にはすべきなのでしょうが…。


今後はどうなるの?


岡三マンさんもツイートされていましたが、コインチェックが最悪の事態に陥った時には預けている資産は全て没収、返せないケースがあるとのことです。現状、出金が停止されているのでコインをどこか別のウォレットに移すこともできません。いやー困った、困った。最悪の事態に備えて、仕事をたくさん入れなければ!!

私がそれ以上に心配しているのは暗号通貨・仮想通貨へのネガティブな印象が世間に、はたまた世界に広がってしまったことです。
「やっぱり仮想通貨って危ないよね、すぐに盗られるんだ。」というような安易に結論を出されることを恐れています。これから加速度的に広がりを見せる予定だったここの領域が尻すぼみしないことを切に願っております。

まぁー当面はコインチェックがどうなるかをしっかりと見極めて、自身で行える対策をしていくつもりです。ハードウォレットや他の信頼できそうな取引所など。


あとがき

コインチェックの記者会見はAmebaTVとニコ生で視聴しました。AmebaTVは少しラグがあったので途中で視聴を止めましたが。
一技術者としてはかなりキツい記者会見でした。まず、投資にはリスクが付き物だと思います。株でもそうですが、株を買った会社が倒産することや失敗すること、同じように情報漏洩されたり、他社から訴訟されたり。そういった時に憤る気持ちはわかります。信じてたのに裏切られたと。ただ、それはあなたが勝手に信じたのでしょう?ってところだと思っていて、結局のところ、信じた自分自身にも責任があることを人々は自覚だとは思います。
もちろん、今回の事態は決して寛容に受け取れるものではありません。しかし、起こってしまったものはどうしようもないので、次に進みましょう!じゃないと鬱々しちゃいますもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です