ぷろぐら×でざいん

はじめの一歩(117)

はじめの一歩(117)


作者: 森川 ジョージ

感想

現在、Amazonのレビューではかなりの悪評ですね。理由としてはパンチドランカー疑惑が出ていたにもかかわらず、何も問題がなかったみたいな展開になっているからだと思います。また、寧ろ強くなって帰ってきた一歩への次の展開を期待するようなストーリー運びでした。また、事実としてかなりの格下にKOされたはずなのにそれをあまり深刻に受け止めていないような印象を受けました。漫画だからとやかく言えませんが、一歩はどんなに打たれても最後はKO勝ちするという定番スタイルがそのまま適用されるのではないかと思います。大分前から一歩は弱くなっている、何か爆弾を抱えていたのでは、などなど様々な伏線が貼ってありますが、それらの伏線の一つも回収されずに、ただ読み手はもやもやするだけで、結論をひたすら先延ばしにされたような気がします。


読みたいリスト

天空審判 恋は光 彼女のいる彼氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください